料金表

料金は以下のとおりです。
風俗営業関連は、保健所の飲食店営業許可申請費用および実費は除いた金額です。

報酬金額

風営法関連(飲食店営業許可申請・実費は除く)
    • キャバクラ・ラウンジ・ホストクラブ等の社交飲食店
    • ¥200,000~
    • 麻雀店
    • ¥200,000~
    • ゲームセンター
    • ¥250,000~
    • ナイトクラブ・ライブハウス等の特定遊興飲食店
    • 小規模ライブハウス等は¥250,000~
    • ナイトクラブ等の大型店舗は¥500,000~
    • BARやスナック等の深夜酒類飲食店営業届出
    • ¥100,000~
    • デリヘル等の無店舗型性風俗特殊営業届出
    • ¥90,000~
    • 無料案内所等の特殊風俗あっせん事業の届出
      ¥180,000~
    ※店舗面積が広大な場合や、構造が複雑な場合は別途料金が発生する場合があります。
     その場合は事前にお見積りを出させて頂きます。
    アミューズメントカジノ(飲食店営業許可申請・実費は除く)
      • 大阪府の場合(1号許可と同時取得)
      • ¥350,000~
      • その他の都道府県(5号許可のみ)
      • ¥250,000~
      ※店舗面積が広大な場合や、構造が複雑な場合は別途料金が発生する場合があります。

     その場合は事前にお見積りを出させて頂きます。

       

      社交飲食店や特定遊興飲食店、アミューズメントカジノ、深夜酒類飲食店については別途、飲食店営業許可申請も必要になります。

      飲食店営業許可申請費用
        • 飲食店営業許可申請のみ依頼した場合
        • ¥50,000
        • 風営法関連業務と同時依頼の場合
          ¥30,000

       

      風俗営業許可申請の際、場合によっては消防署や市の建築指導部の検査を受けなければ許可がおりないケースがあります。
      大阪府の場合は、営業所が建物の地階もしくは地上3階以上に存在する場合にそれらの手続が必要となります。

      消防および建築関連の手続費用
        • 消防署および建築指導部の手続(基本的にコチラ)
        • ¥30,000
        • どちらか一方のみの手続の場合(地域や署の判断)
               ¥20,000

      実費について

      警察や保健所に支払う申請手数料(地域により異なる場合あり)や、弊所で代理取得する書類の費用、その他交通費等の諸経費のことです。

      以下、大阪市において新規で社交飲食店や特定遊興飲食店の許可申請をする場合の金額です。

      警察申請手数料 ¥24,000
      保健所手数用  ¥16,000
      その他必要書類 ¥2,000程度
      交通費     実費精算

      BARのような深夜酒類提供飲食店の届出については、警察手数料は不要です。
      その他の業種については、基本的に上記より高くなることはありませんが、気になる場合はお気軽にお問合せください。