ここから

特定遊興飲食店の照度の測定方法について

特定遊興飲食店営業の許可を取るにあたり、重要な要素となるのが照度(店内の明るさ)です。
法律では10ルクスを超える明るさが求められていますが、例えばダンスフロア等の演出の都合で常時照明が変化するような場所でも10ルクス超の明るさが必要なのでしょうか?
これは、基本的に「客席(客が飲食をする場所)の面積が、客室全体に対してどれくらい占めているのか」で照度を測定する場所が変わってきます。

特定遊興飲食店の照度はどこで測るのか?=どの部分を10ルクス超にしないといけないか


客席と遊興をさせる部分(ダンスフロア等)が分かれている
        かつ
客席の面積が客室面積の1/5を超えている
        ↓
客席のみで照度を測る

例:クラブ、DJバー等



客席と遊興をさせる部分が分かれていない(客席のみにおいて遊興をさせる)
        または
客席の面積が客室面積の1/5以下である
         ↓
客席と遊興をさせる部分の両方で照度を測る


例:ライブハウス、その他客にショー等を見せる営業


※客席のみにおいて客に遊興をさせるための客室については、営業時間の半分以上にわたって照度を10ルクス超として営業すれば足ります。
逆に言えば、半分以上の時間にわたって、照度を10ルクス以下とする場合には、低照度飲食店営業(風俗営業)に該当することになります。
特定遊興飲食店ではなく風俗営業になるということは、営業時間の制限(原則午前0時まで)を受けることになります。

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問合せ・お申込みはこちらをクリック

ネクサス行政書士事務所


代表 松井 一敏

特定遊興飲食店

深夜酒類提供飲食店

無店舗型性風俗特殊営業

特殊風俗あっせん事業